爺さんと婆さんのハワイ(5ページまで   bQへ進む bRへ進む bSへ進む bT ページへ移動   

1 到着日    


今回のメンバーはバラバラだけど 全員が孫持ちで 皆さんすぐに打ち解けました  高校の同級生のイッシーとは 2006年に香港へ行きました  鹿児島の親戚のK子さんとは 2010年に タイのバンコクへ 旅をしたことがあります  最後に婿殿のご両親は私の旅への初参加で メンバーの中では彼らが一番若いので パシリを命じました(笑   

JALパックを利用すると 鹿児島から羽田への国内線は無料です  これは大変有難いですね  出発地によって異なり 例えば秋田からだと往復5,000円です  またネット友達の JALの社員さんを通じて申し込んだので ツアーの料金を 7%安くして貰えました  お蔭様で ホテルの グレードを上げることができました  ホテルはハイヤットリージェンシー  シェラトンワイキキをキャンセルしたのは ベッドを3つ入れなければならず 部屋が狭かったからです   

ベランダへ出ると かろうじて海が少し見えましたが 海の見えない部屋を 夜景が見える部屋と言ったりします  ハイヤットリージェンシーは37階以上の部屋にすると専用ラウンジが使え 朝食や簡単な夕食を含め 24時間ソフトドリンクを無料でいただけます   

ホテルは滞在中に 合計1時間の電話が無料で 2ヶ月以上前に予約をしたので 一部屋毎に100ドルがホテル内で使えました  ご夫妻は毎日留守番のお嬢さんに電話をしていたみたいです  100ドルは一部屋分を 昼食の特大ハンバーガーと ビールに使いました   

いつも行く照り焼きステーキのレストランは 日本人がたくさん来ていました  ツアーの客にミールクーポンでも出しているのでしょうか  もう 私だけが知っているレストランとは言えなくなりましたね  ベジタリアンの奥様は かろうじてエビフライは食べることができるのですが 数が多くて私達に1個ずつお裾分け 焼きじゃがいもの上に乗っているベーコンがダメなのでした  サラダバーの生のカリフラワーがいたくお気に召して 何度もお代わりをしていました  でも翌朝体調をくずしたのは 生のカリフラワーのせいかも知れません  ステーキを完食したのはご主人と私だけでした   

ワイキキのインターナショナルマーケットと 裏のミラマーホテルが再開発で取り壊され 工事中です  夜には色とりどりの電球がつるされて 幻想的な雰囲気を出していたバニヤンツリーがどうなったかと心配していたら 残っていました   

トロピカルドリンクとサラダの写真

この項 終わり

 

トップへ戻る   旅行記目次へ戻る   次は bQ ダイヤモンドヘッド   

inserted by FC2 system