フェルメール追っかけの旅(14ページまで   bQへ進む bRへ進む bSへ進む bTへ進む bUへ進む bVへ進む bWへ進む bXへ進む 10へ進む 11へ進む 12へ進む 13へ進む bP4へ進む ページへ移動   

1 オランダ編アムステルダム集合    


今回の旅は フェルメールが好きな友人二人に声をかけていました  3人だからツインの部屋では一人余ります  あと一人余裕があります と日記に書いたら 見ず知らずの読者の方が応募してきて 最初はお断りしたのですが 二度目のメールで ググッと私の琴線に触れる事柄があったのね  海外旅行の経験も豊富で自分のことは自分でできる人だし 是非 一緒に行きましょうとなりました  一度熱海でお会いした後は 打ち合わせ掲示板で 200回を超える書き込みで すっかり仲良しになっておりました   

結局 誘っていた友人が二人とも脱落し ユキコさんと二人旅になりました  しかも彼女は中部空港からの出発なので 現地集合 現地解散の旅(第3弾となります  ホテルも一人部屋がいいとのことで バッチリ手配したのですが・・・   

1) フライトはそれぞれ1回乗り換えて オランダはアムステルダムのスキポール空港で合流し 2泊   
2) 電車でデンハーグへ行き ロッカーに荷物を預けて デルフト観光  デンハーグへ戻って 2泊(事件発生!   
3) 電車でベルギーのアントワープへ寄って ブリュッセルで 2泊(事件発生!   
4) ユーロスターでロンドンへ(事件発生!   
5) ユキコさんは3泊して先に帰国  ロンドンから1回乗り換えて中部空港へ 私は4泊して直行便で羽田へ
   

事件続きで せっかく私の旅を学びたいとおっしゃっていたのに 散々な旅になってしまいました  でも 結果的に勉強になったかしら? (笑    

私は羽田空港8時50分出発なので 空港近くのホテルに前泊しました  ホテルで朝食を取る時間がなかったので 菓子パンを1個貰って空港へ  British Airways(BAのマイル乗客は 座席の予約ができないので 早めに行って通路側の座席を取りたかったのです   

BAの食事の感想は はっきり言って貧弱!  メニューがないので 英語が分からなければ選べません   最初の軽い食事が終わってから 次の食事まで8時間  間にお菓子やカップラーメンを貰えますが これもギャレーに出向いて英語で頼まなきゃなりません  カップラーメンは蓋をして3分待つのではなく 蓋はベリッと剥がして カップの半分ほどにお湯をいれ お箸を突き立てて はい!なのが笑えます   

スキポール空港に30分早く着いたユキコさんは 私の荷物受取場所で待っていてくれました  一緒に税関を通って まずは電車の切符売り場でOV-chipkaart(Suicaみたいな乗り物ICカードを買って 20ユーロをチャージしてもらいました  ちなみにヨーロッパではチャージのことを top upと言います  窓口でクレジットカードを使うと手数料がかかりますが 使い方の分からない機械と格闘するよりもマシ ということで勘弁して下さい  カードを手に入れ 197番のバスでホテルに向かいました  降りる所はライツェ広場 賑やかな場所です  ホテルはそこから徒歩5分   

2階建てのエアバスが2機の写真

この項 終わり

 

トップへ戻る   旅行記目次へ戻る   次は bQ 国立美術館   

inserted by FC2 system