ロンドン一人旅(7ページまで    bQへ進む bRへ進む bSへ進む bTへ進む bUへ進む bVへ進むページへ移動   

1 久し振りのロンドン    


スイスから帰国の便をロンドンで乗り継ぎ 友人3人は日本へ 私はロンドンで降りて4泊の旅です   

17年振りのロンドンで 前もって準備したこと   
(1 ホテルの予約はおまけのマイルが付くように 航空会社のホームページ経由で   
(2 半年前にミュージカルのチケット2枚をネットで購入  1階席は残り僅かでした   
(3 オイスターカード(スイカのような乗り物カードに 予め30ポンドほどチャージしたものをネットで買い 日本に送ってもらった  
(4 ロンドンアイ(テムズ川の所にある大観覧車
の 時間指定のチケットを買い 印刷   
(5 現地発のバスツアーの申し込み  海外ツアーの申し込みは いつも同じところでポイントを貯めています   

空港から市内への電車は3種類  
(1 ヒースローエクスプレス(成田エクスプレスのような特急電車で パディントンへ15分  
(2 ヒースローコネクト ヒースローエクスプレスより5駅多く停車して パディントンへ30分  
(3 地下鉄ピカデリーラインで ピカデリーサーカスまでは45分   
幸いホテルがピカデリーラインにあったので パディントンから荷物を持って地下鉄に乗り換えるよりは 鈍行で40分かかっても こちらの方が楽だろうということで地下鉄にしたのですが 車内アナウンスが聞き取れない!  電車の壁に路線図が貼ってあるので それを見ながら The next station isを聞いているにもかかわらず 駅名を 私が頭の中で考えている発音で言ってくれない!  私って こんなに英語ができなくなったのかしら  ま 2日目以降は 徐々に慣れてきましたけど   

アールズコート この地区には手頃な値段のホテルがたくさんあり インド系の経営が多いみたいです  荷物を持って道に迷わぬよう 近いけどタクシーでホテルに向かいました  ホテルは写真を見た時は 素敵なホテルだなと思ったのですけど ネットで予約した一番安いシングル部屋は 半地下にあったのです!   外から覗かれるので カーテンを開けることはできません  そこまで考えが及ばなかったなぁ  建物全体の左半分がホテルなんですが 地下の部分は全てホテルで 私の部屋007番は ぶ厚い防火扉をいくつも通り抜けた 一番奥にあるのでした  部屋も狭くてテーブルがなく 息が つまりそう  ま ホテルは寝るだけだし 2日目以降は完全に慣れましたけどね   

午後7時半といえども 日本の4時頃の明るさ!   公園では小さな子供を連れた家族が遊んでいます  これは夕食の前でしょうか 後でしょうか?   20分ほど歩いてケンジントン宮殿へ行きました  かつてはダイアナ妃が住み 今はウィリアム王子夫妻が住んでおられる宮殿です  時間が早ければ中を見学したいところでした  ケンジントン公園には ダイアナ妃を記念した泉と 遊び場が作られています   

ホテルへの帰り道 パブによって外のテーブルで フィッシュアンドチップスとビールの夕食  特に美味しいというわけでもなく まずくもなく こんなもんでしょう   
視界に羽がふわっと飛び散るのが見えたと思ったら 鳥の交通事故でした  隣のテーブルのおじいさんが私に 鳩が轢かれちゃったねぇ  私も顔ランゲージで応答  するとどこからともなくカモメが現れて 死んだ鳩の肉をつっついては飛んで行きます  結局一羽で全部たいらげてしまいました   

ホテルに戻ってシャワーを浴びようとしたら シャンプーはあったけど石鹸がなかったので 翌朝のベッドチップは置かなかったさ!   

ホテルの写真

この項 終わり

 

トップへ戻る   旅行記目次へ戻る   次は bQ 二日目午前  

inserted by FC2 system