マイルオフ会 in ソウル (22から 26ページまで  23 24 25 26 ページへ移動   

22 クン (宮 テレビドラマの題名  普通の高校の女の子が 現代にも残る王室の皇太子と結婚するという 明るく楽しく そしてちょっと胸キュンなおはなし   


7回目のソウル旅行でした  ソウルがそんなに楽しいかって?  まぁね 近場で 食べ物が美味しくて 買物ができて しかも飛行機代がタダだったら そりゃ行くわよね  7回のうち3回はマイル旅行です  というわけで   

大阪のねこさんと きんぽ空港で待ち合わせました  1週間前に旅行したゆかぽんご夫妻の情報によると 気温は零下15度 寒いというよりは痛いとのことでビビッていたのですが 最高気温が5℃くらいにまで回復していてほっとしました  何もこんなに寒い時に旅行などって?  この時期はいつもより2割少ないマイルで飛行機に乗れたのです  クレジット利用だけでマイルを貯める陸マイラーの彼女にとって その2割は大きいのね  それに真冬に 冬のソナタの世界に行くのも意味あることじゃない?   

前回の旅でT moneyカードを2枚買っていたので 1枚を彼女に貸して きんぽ空港駅でそれぞれにチャージしました (日本語説明有り   カードを買うのは2,500ウォン(約200円しますが 電車代は現金で払うより1回100ウォン安くなるので 何度も韓国に行く人には便利でお得です   

ホテルに荷物を置いて行動開始  まずはお昼を食べましょう  コグン(古 宮 というレストランで全州伝統ビビンバを食べました  これって石やきビビンバより高いんです  サービスでつくおかずは 一人の客にも私達と同じ物が出てましたよ  このお店 割引クーポンがあれば良いのだけどなぁ   

電車に乗ってインサドンの近くにある ウンヒョングンへ行きました  100年前の王様の父親(この人は王様ではありません の私邸だった所で ドラマ くんで皇太子の結婚式が撮影された場所です   そのあとはインサドンの通りを散策し 気前良く値引きをしてくれるおじさんの店を見つけました  殺し文句は 「日本からまっすぐこのお店に来たのよ」  お断りしますが 何という店かと尋ねられても分かりません  そして韓国初めてのねこさんに連れられて インサドンのほぼ中央にある 伝統茶院で休憩   彼女はオミジャ茶  漢字で五つの味のお茶と書きます  これはピンク色のお茶で 文字通り五つの味 甘味 すっぱみ 苦味 辛味 塩味があると言われます  私が飲んだのは生姜茶  苦かったです  良薬口ににがしとはこのことね  日本人の女の子が二人 ガイドさんに連れられてやってきました  注文してもらって お茶飲んで 私達より後に来て さっと帰って行きました  あんたら 若いんだから これくらい自分で歩きなさいよ!   

高架道路を撤去して蘇った ソウルの人々の憩いの場所 チョンゲチョン(清 渓 川 という名の 川沿いを歩きました  ここからミョンドン(明 洞 へ行く途中にあるプラザホテルは 冬のソナタでヨン様演じるミニョンが滞在していたホテルです   

全州伝統ビビンバと 無料でつくたくさんのおかずの写真

この項 終わり

 

トップへ戻る   旅行記目次へ戻   次は 23 冬のソナタ  

inserted by FC2 system