ちょっとソウルへ 焼肉デート (15から 21ページまで  16 17 18 19 20 21 ページへ移動  

15 夫婦で参る(マイル  


1日目夜   
最近は夫が贅沢になって 今度はソウルへ連れてってよ などとぬかしおった  焼き肉を食いたいだとさ!  
そう言われて そく ネットでマイルを使っての飛行機と ホテルの手配をしてしまう私を 糟糠の妻と言わずしてなんとしょう!   

行きは羽田からきんぽ空港へ  帰りは羽田へ着く便が取れなかったので インチョンから成田空港へという ルートになりました  機内食は散らし寿司のそら弁(お弁当 前回のよりもずっと良かったです  ホームページの読者の方のご報告によるとパリ便は 私が今年5月に行った後に食事の質が落ちたそうですよ  

きんぽ空港から市内まで 地下鉄に乗ってみました  来年も訪韓の予定があるので T moneyカードを買いました  これはSuicaやPasmo のように お金をチャージして何度も使えるもので 乗車賃が1回につき100ウォン割引になります  ソウルの地下鉄は 窓口や券売機での切符の販売がなくなったので 何度も使えるこのカードか 1回用交通カードを買うことになります   

駅員さんに T moneyカードを買いたいと言ったら 電気を暗くした誰もいない事務所へ連れて行かれました  誰もいないのは 窓口販売がなくなったからで 駅員さんはもっぱら機械の横で 使い方の説明です  何せここは国際空港 機械の使い方の分からない外国人が いっぱいなんですから   

カードは1枚2,500ウォン(200円弱です  次にカードにお金をチャージしなければなりませんが 日本語表記のある機械は長蛇の列だったし ソウルナビのサイトで使い方は大体勉強していたので 韓国語の機械で適当にやったら 失敗してしまいました   

無事ホテルに着いて焼肉を食べに  その前にホテルの近くに目指す化粧品店があったので 早速お嫁ちゃんへのお土産をゲット  自然素材でできた化粧品で 私もBBクリームを買いました   

ETUDE HOUSEの看板で微笑んでいる男の子は 花よりだんごのイ ミンホ 隣の女性はIKKOさんです  ヨン様はTHE FACE SHOP イ ビョンホンはMISSHA そしてクォン サンウもみんな化粧品の宣伝マンで 日本の女性をかき集めようという魂胆ですかね  もっともイ ビョンホンは男性用化粧品ですけど  それにしてもIKKOさんはあちこちの化粧品を宣伝してますね  本当はどれがいいの?(笑   

ゆかぽんお薦めの焼肉屋さんは ミョンドンから一つ通りを越して ちょっと寂しくなったあたりにあるけれど 行く価値はあるお店です  何せおかずの数が半端じゃありません!  キムチ数種類は勿論のこと 焼きうどんやチヂミまでありました  それを知らずに チヂミを注文してしまった私に店長さんは言いました  余ったら持ち帰り用に包みますよ  余りませんでしたけど何か?  なお おかずはお代わりOKです   

ソウルの旅は ソウルナビやコネストのサイトにある レストランや土産物店の割引券を印刷して 持参するのがコツです  

たくさんのおかずがついている焼肉の写真

この項 終わり

 

トップへ戻る   旅行記目次へ戻る   次は 16 たいおうししん記   

inserted by FC2 system