海外で病気になったら   


海外旅行保険   

皆さんは海外旅行の時の保険を どうなさってますか?  クレジット カードについてるから 特に考えてはいない  って?  よく見てくださいね  カードの付帯保険は 死亡保険だけではないですか?  私のはそうです   

もし疾病と傷害がついていても  自分で病院にかかって費用を立替え 診断書と領収書を貰い 帰国してから保険会社に請求することになります  盲腸になったら手術代が100万円以上したりしますが カードで十分ですか?  それに現地の言葉はできますか?   

それで私は病気や事故にあった時のために  その都度保険に入ることにしています  ネットで申し込んで4泊5日で保険料が1,830円  これだけのお金で 通訳さんがホテルと病院の送り迎えをしてくれ 診察につきそって 支払いも済ませてくれるのですから安いものです  保険は予め入っておくと家を出た瞬間から補償されます  ネットで申し込むのが安くて便利  必ず保険証と説明書を印刷して持参します  私が利用している保険会社は  登録しておくと 2度目以降は保険料が5%割引になります   

2010年1月 ソウルで体調を崩し 病院にかかりました  不死身  と言われる私ですが たまにはこんなこともあります 

 

病院へいきました   

無料通話の電話番号がない国からは コレクトコールで日本に掛けます   

1   ホテルの電話番号を手元において 保険会社指定の番号に電話をかけます  韓国からはシンガポールに繋がりました  でもホテルによっては電話代が無料にならないこともあるとかで 折り返し向こうから電話をくれました  結局 電話代は無料でした   

2  保険証を見ながら 契約の番号等 質問事項に答えます  症状と希望を聞かれるので 日本語を話せる医師が良いならば それを伝えます   

3  病院を探してくれた 韓国の担当者から電話がきました  土曜日の時間外 日本語を話せる先生がいなかったので 通訳を向かわせたとのことでした   

4  女性の通訳さんから  ホテルの近くに来ているのでロビーで待ってて下さい   との連絡が入りました  最初に電話をかけてから ここまで30分くらいでしょうか 迅速な対応に感謝しています   

病院の救急外来で 病院着に着替えて 検尿とレントゲンを3枚 点滴を2本  カッコイイ若い男性医師に 脂肪で膨らんだお腹を触診されるのは 気恥ずかしかったけれど 通訳さんの  ションベン  には笑えました  実際は笑うどころではなかったのですが   

点滴が終了して 着替えをしている間に 通訳さんが支払いと 薬の受け取りを済ませてくれ 一緒にタクシーでホテルに戻りました  幸い大事に至らず 貴重な経験をしました   

 

追伸 インターネットで申し込めなくなりました   

年と共に体に故障が出てきて 降圧剤を飲んでいるので 既往症有りということになりますね  そうするとネットでは申し込めません  既往症があるともう先へは進めず 「窓口へどうぞ」となるのです   

保険会社 は二通りに分かれます  既往症以外の病気にはお金が出るけれど 既往症に対しては1円も出ない会社と 既往症にも300万円まで出るという特約がある会社です  会社名は分かっていますが 将来変わるかも知れないので ご自分でお調べください  一応現時点では 東京海上日動とAIGです (詳しくはこちら    

この項 おわり

 

トップへ戻る   旅行記目次へ戻る   ひとつ前へ戻る   次は ホテルの予約トラブル



inserted by FC2 system