高雄から台北へ(9ページまで   bQへ進む bRへ進む bS bTへ進む bUへ進む bVへ進む bWへ進む bXへ進む ページへ移動   

1 一人旅    


まず 下の写真は高雄で泊まった リーズホテルです  皆さんにも是非にとおすすめします  というのは ホテルの横に 屋台があって(黄色い看板の所です 美味しくて安いからです  最初の晩と最後の打ち上げに 2度も行きました   
五つ星ホテルなのでシングルはなく 私はダブルの部屋に一人で泊まりましたが 1泊1万円しませんでした   

ホテルの写真

ボランティア仲間に 台湾のタイナン市出身の若い女性が加わって 彼女(タイナン娘さんが素敵な人なものだから オジサン達は大いに盛り上がり そうだ 台湾へ行こう!  アレヨアレヨというまに多くの人数が集まり 高雄3泊4日の旅となりました  でも私はマイル旅行 利用する航空会社が別なので 皆より1日早く高雄へ入りました  8人+私です   
初めての場所に夜に着いて 女一人でタクシーに乗るのが不安だったけれど それが顔に出ていたんでしょうね  空港の配車のおじさんが 大丈夫と言ってくれました  でもタクシーの運転の荒いこと!   

翌朝 ホテルから近いB級グルメの店へ 朝御飯を食べに行きました  目当ての料理がなかったので 白米におかずを3品選んでいたら おばさんが 味噌汁は?と聞いてくれました  かたことの日本語OKです  生の魚の頭が陳列されていました  どうやって食べるのか どうも煮つけにするみたいです   
通りには屋台がたくさん出ていて そ食(ベジタリアンミール の看板がかかっている屋台で 饅頭を買いました  野菜あんは味が薄くて ちょっと醤油が欲しいなと思いました  油で焼いてあるので油ぽかったですが 噛むほどに甘味が出て美味しかったです   
翌日の午後にもこの道を通ったのですが 八百屋さんの商店など開いている店は少なく 屋台はありませんでした  朝ごはん専門なんでしょう   

地下鉄車内は はくあい座のステッカーがありました  シルバーシートよりずっと分かり易いですね  台湾の若者は座っていても 年配の人が乗り込んでくるとサッと席を立ちます  見ていて気持ちの良い光景でした   

地下鉄で高雄駅へ出て バスに乗り換えです  バスの行先は動物園  動物園でほかの全員が降りたので ここが終点だと勘違いしたのが間違い?   山の中を不安になるほど歩きました  グループのメンバーは成田空港に集合した頃で リーダーに 山の中で迷っていますとメールしました  何をやってるんだ?と思われたでしょうね(笑   西子湾駅から見晴し台まで タクシーで行くのが無難です   

ちゅうれつしわ 旧高雄神社で 革命で亡くなった方々が祀られています  すぐそばの見晴し台は夜景のスポットで LOVEの文字の横で写真を撮るために行列がでるそうですよ   

旧高雄英国領事館は 歴史的建物として保存されています  レストランで昼食を取りたかったのに コース料理しかなく アフタヌーンティーは二人前 仕方なくコーヒーだけの休憩  ここからバスに乗って 地下鉄の西子湾駅へと向かいましたが バス停にいるのに99番のバスは素通りして行ったので 停留所で たむろしていた 現地のおばさんがボタンを押してくれました  これじゃ分からないわ バス停の近くで客待ちをしているタクシーに乗るのが良いかも知れません   

一人旅の最後は 最近できて一部開通した路面電車LRT(ライトレール乗車です  レールだけがあって 架線はなく 駅に着いた時に 急速充電します  路面を走るので駅ごとに保安係がいて 線路を横断する人を止めたりしていました   

さあ 皆が着きました  さっそく屋台で 旅の成功を祈って乾杯です  店の奥にメニューが貼ってあり その写真をネットに載せている人がいたので タイナン娘さんに翻訳していただきました  食べたのはエビの春巻き 海老チリ イカ団子 ネギと牛肉の炒め物 ネギの卵焼き そしてフルーティなビン入り 生ビールです  ちょっと物足りないかも知れないけれど この後 ナイトマーケットに行くので 余力を残しておかねばなりません   

六ごう よいちは まぁこんなもんかと いう感じですかね  私がパパイアミルクを飲んだ以外 誰も飲み食いしませんでした  パパイアミルクは ネットの写真では 50元と出ていたのに値上がりしていて 店のお兄さんに言ったら ごめーんと言ってました (笑   
地下鉄のビレイトウ駅は 世界で最も美しい駅で 第2位に選ばれたそうですよ  丁度午後8時になるところだったので 光のショーを見ました  午前11時と午後3時にも行われています  ちなみに ビレイトウ駅と高雄駅に着く前は 日本語のアナウンスがあります   

ビレイトウ駅の写真

この項 終わり

 

トップへ戻る   旅行記目次へ戻る   次は 2 高雄

    

inserted by FC2 system