フェルメール追っかけの旅      

12 コートールドギャラリー   


ロンドン 三日目午後 コートールドギャラリーは 政府の機関や芸術 教育機関が入っているサマセットハウスの 入口の部分にあります 個人(コートールド氏の収集品を中心とした 小さな美術館で コレクションは印象派 後期印象派を中心として 小規模ながら 質の高いものだそうです  中庭は 冬にはアイススケートリンクになります   

コレクションはルーベンス モネ マネ ルノワール スーラ ドガ ゴッホ ゴーギャン セザンヌ ピカソ ロートレック モディリアーニなどの作品が展示されています   

ユキコさんと合流するために大英博物館へ行きましたが 大変!  私が彼女に教えた駅は工事中で 地下鉄は止まらないのです  後で聞いたら 1往復半して隣の駅から歩いたそうです  私は別の路線で行ったので大丈夫でした   
待ち合わせ時間より少し早く着いたので エジプトのミイラさんに会ってきました  イギリスは国立の美術館 博物館は入場無料なのです   

合流して二人でノッティングヒルへ   土曜日ではないので路上の店舗は少なく 人通りも普通でした  映画で外観が撮影された本屋さんは 今年は土産物屋に代わっていました  モデルとなった本屋さんは別にあって 以前は旅行関係の本ばかりを集めていて 映画 ノッティングヒルの恋人では ヒュー グラントが経営する 旅行本専門店として 参考にされた本屋さんですが 映画に出たわけではなく 今では一般の本も売られています  結構繁盛していて モース警部のシリーズがあるか 聞いてみたけれど ありませんでした   

Cath Kidston と Paul Smithでお土産を買い ポートベロ通りにあるPix Barで ユキコさんに夕食をご馳走になりました  ここの料理は値段は2種類 長い串が刺してあるのは2.95ポンド 短い串が刺してあるのは1.95ポンドで 自分で好きなものを取りに行きます  時間が立つにつれ店内は混雑し 若者向けの音楽が大音響で流れているので あまりくつろげませんでした  ま 一度行けば十分かな   

宿のあるパディントンまで戻ってきて 私より一日早く帰国するユキコさんは 地下鉄で使っていたオイスターカードを返却  5ポンドのカード代+20ポンドで買ったカードは 5ポンド+9ポンドが クレジットカードに払い戻されます  窓口のおじさんが 残念だね もう来ないの?と言いました(笑   

次は国鉄の構内で ユキコさんが明日朝に乗る 空港行きの特急電車 ヒースローエクスプレスの乗車券購入です  窓口のおじさんは 明日買いなさい 半額になるからと言いましたが 心配性の彼女が それでも買うと言ったら クレイジー!と言われてしまいました(爆笑   
ユキコさんは朝早くホテルを出るので 宿でお別れをしました  また機会があったら 一緒に旅行しましょうね   

ミイラの写真

この項 終わり

 

トップへ戻る   旅行記目次へ戻る    前の頁に戻る  次は bP3 コッツウォルズ    

inserted by FC2 system