2017年の日記   


2018年1月6日    

関東地方は穏やかな正月でしたが 皆さまは新年をお健やかに お迎えになりましたか?  我が家は夫と二人で 近くの神社に行ってきました  この地に30年も住んでいるのに 初めて聞く名前の神社でした  何故知ったかというと その神社には 動物用の神社が併設されていて 友人はそこで愛犬のシチゴサンをしたのだそうです (笑  犬を連れた家族が何組か来ていました   

帰りが大変!  後ろにいると思った夫の姿が見えず 迷子 否 迷老人になってしまいました  一人で帰ってこれたから良かったものの 危うく徘徊老人になるところでした   

年賀状の画像

 

2 018年1月27日    

友人の家に遊びに行ったら 特大サイズの猫がいました  メインクーン という種類だそうです  前に飼っていた2匹の猫が死んで4年後 どうにも寂しくて飼い始めました  我が家と同じね   

うちには 死んだ猫の幽霊が出るのよと言ったら  あら いいわねぇと彼女は言いました  愛犬を亡くした別の友達にも 羨ましがられています   
幽霊の出方にはいくつか種類があり そのうちの一つは 黒い煙のような雲のような丸い固まりが フワフワと宙に浮いていました  その動きは 猫が歩く時の背中が上下するのにそっくりでした  その話をしたら 彼女は車を運転していた時に 同じような黒い塊を見たそうです  ヘッドライトがそれを照らした時 とっさに ハンドルを切ってよけ 車を停めて 見に行った時には 消えていましたとさ   

彼女のご主人が亡くなった直後 彼の妹さんの家に 毎日 同じトンボがやってきたそうです  きっと おにぃさんよと言われて 見に行った時には トンボはおらず お父さん お父さんと声をかけたら トンボが飛んできて目の前に止まりました  手を伸ばして触っても逃げません  携帯のカメラで写真を撮って 後で見たら トンボの頭の部分は 金色の光に溶けて形は見えません  私はその不思議な写真を見せてもらいました   

またお子さん達との食事会の席で 記念写真を撮ったら 白い影が一緒に写っていました  2回続けてシャッターを押したら そのうちの1枚だけに影があります  彼女はご主人も一緒に写っている(?写真のほうを 部屋に飾っています   
60歳を過ぎた私達 中学時代と同じく ちゃんを付けて呼び合っています   

特大猫の写真

 

2 018年2月3日    

私が夕食の支度をしている時 夫は新聞を読みながらビールを飲んでいます  従って 夫の前は広く空けなければならないので 出来上がった料理は少し離れた所に並べます  新聞を読み終わって箸を持った夫は 遠くの料理に手を伸ばして食べるんですね  馬鹿が!   

自分の前に引き寄せればいいでしょ? ほら 袖口を汚したじゃないのよ!   

サラダやキャベツの千切りなどがあれば これには何をかけるの?と いつも聞きます  ほかの人が聞いたら あら ここまでボケてしまったの?と思われるかも知れませんが これは何十年も前からのクセなんです  自分は何も考えず ただ指示されたことのみ やるだけ!  最近の私は面倒になって叫びます   

何でもいいから 死にはしないわよ!   老夫婦の こんな夕食風景 あーあ!    

2018年2月24日    

寝ようと思って 2階に行ったら 私の布団の上から シュッと白い影が降りて行きました  あら 死んだオットットが遊びに来てくれてたのね  でも今までは ほかの猫がいない時に来ていたのに その日はハウスの中でアンが寝ていたのです  だったら私になつくよう アンを教育してやってくれないかなぁ   

ハウスと言えば 先週の日記で アンがシロにピンクハウスを取られて レッドハウスに引っ越したと書きました  そのあとシロが来ない夜があったので カイロをケチって 赤いほうにだけ入れたんです  そしたらバレてしまい シロがレッドハウスに入っていました  結構アタマ使っているのね  でも このあと シロが出て行ったら アンがちゃっかりレッドハウスに移動しましたよ (笑   

ハウスで寝るシロとアンの写真

 

2018年3月10日    

少し暖かくなったので シロがハウスに入らなくなり 私の布団の上で寝ています  シロの虫の居所が悪い時は 後からやってきたクロを 唸って追い出します  クロは一旦は部屋の外へ逃げるものの 少し経つと戻って来て箪笥の上に乗ったり 私の枕元で外を眺めたりしながら ほとぼりを待って シロの機嫌を見ながら寝ます  猫の世界も難しいものですな   
アンはハウスの中で のびのびとしています   

台湾の旅行記を書くにあたり 台湾出身の女性にお世話になったので ちょっとしたお礼の品を人づてに差し上げました  ボランティアの活動日が違っているので 直接お会いする機会はあまりないのです  そしたらお礼のお礼をいただいてしまいました  カードが添えられていて お手渡するのが本来ですが 大変申し訳ありませんと 綺麗な字で書いてありました   

まぁ 何と久し振りに聞く古風な表現!  お礼はメールで簡便に済ませるのが 普通になった時代に この方は外国人ですよ!  日本人の私が忘れていたことを 思い出させてくださいました   

布団の上の猫の写真

 

2018年3月17日    

夫が老いて 私の長期間の旅の留守番が 難しい状態になりました  せっかくヨーロッパに行けるマイルがあるのにね  でも年内なら何とか頑張ってくれるかも知れないと 急遽 9月にスペインに行くことにしました  旅友はイッシー 直行便でも14時間かかります   

本当は別の場所に行きたかったのですが この時期にマイルで乗れる席は 全てキャンセル待ちになっていて かろうじて日本航空とのコードシェア イベリア航空のマドリード便に2席空きがあったのです  イッシーに相談して彼女が予定を調べ ご主人の了解が取れたのが翌日  いざ予約をとパソコンに向かったら 残席1になっていて滑り込みセーフでした  彼女はお金を出して航空券を買いましたが 日本航空経由で買えるのは 4席みたいです  同じ便をイベリア航空で買うと 数千円高くなるのが不思議です   

日本航空のマイルで乗れる提携の航空会社は AA BA AF AY CX QF QR S7 UL IBです  訳の分からない記号を書いてしまいましたが これは航空会社を表すツーレターコードです  ちなみに日本航空はJA 全日空はNHです  S7航空なんて初めて知りました   
航空会社によって 予約できる最大座席数に違いがあり 少ないのは1便あたり最大 4席しかありません  今回の予約は 日本航空と同じ55,000マイルでマドリードへ行けます   

さて ホテルはベトナムから戻ってからでもいいかと思っていたのですが ホテル予約会社のKALIGOから ダブルマイルオファーのお知らせが来たので 試しにホテルを検索してみたら 某お薦めホテルが残室3だったので マドリードとついでにバルセロナを予約してしまいました  写真のホテルは二つ星ですが 三ツ星に引けを取らない外観です   
KALIGOで予約して 日本航空のマイルを合計3,800マイル稼ぎましたよ  旅のことになると行動は早いのです  レストランで食べる物は決められないけど (笑   

マドリードのホテルの写真

 

2018年3月24日    

猫の食事は 朝と夕方に カリカリと缶詰を混ぜたものを 1匹ずつのお皿でやります  でも猫は1日に何度も チョコチョコ食べるので 昼間はドライフードだけを 一つの容器にまとめて置いています  だから複数の猫が 一緒に食べることはできません   

ある時 面白い光景を見ました  シロがおやつを食べていると 自分も食べたかったアンは シロが食べている隙間に手を突っ込んで カリカリを 数粒 外へ出して食べていました  あら 頭がいいのね!   
ところが これをアンが 独りで食べる時にもやるんです  そんな必要はないでしょうに 猫の知恵もこれが限界? (笑   

我が夫は知識はあるものの 知恵がありません  せめて猫ほどの知恵があればねぇ   

夫の膝の上でくつろぐシロの写真

 

2018年4月7日    

知り合いの男性が 四国で88カ所を巡る歩き遍路をやっています  特定のメンバーに 毎日写真付きのメールで報告をしてくれるので 楽しみにしています  1ヶ月以上 毎日8時間くらい 歩くようですよ   

外国人も歩いていて 知り合ったハワイの方は 足にマメができてリタイアされ フランス人男性とは 一緒に土佐清水サバを つつきあったとか  昨日は雨で 傘もさせない程の 強風の中を歩きました  お元気で旅をお続けくださいね   

ところで 彼は以前 スペインのサンチャゴへの巡礼もしているのです  ゴールをサンチャゴとするルートはいくつかあって 彼はフランスとの国境から出発するフランス人の道を これまた1ヶ月以上歩きました  次の宿泊地まで 荷物を送ってくれるシステムがあるそうですよ   

地図は 彼が宿泊した場所に 全部ではありませんが印をつけたものです  巡礼宿は ノミやシラミが豊富と聞きますが ちゃんとしたホテルに泊まりました  でも予め 1ヶ月分の予約をしてから出発するので トラブルもあった模様  こんな貴重な体験は 是非 ホームページを作って ご披露していただきたいものです   

スペインの地図

 

2 018年4月28日    

4travelに ベトナムの旅行記を書き始めました  既にこちらで読んでくださった方も 是非ご覧になってください  文章は殆ど同じですが 写真が多いですよ   

さて 旅行記の 1 ハノイ まち歩きを書いた後で ユキコさんから レストランの写真を提供していただいたので 店の名前が分かりました   

調べたら 現地の人には評判は良いものの 西洋人には上乗せした金額を請求したとかで 悪い書き込みがあります  値段が違うのは ソウルでは当たり前のことで 地元用のメニューと 観光客用のメニューは別にありますが ここではメニューに4.5万ドンとあったのに 7.5万ドン請求されたそうです!  Avoidと書いてありました   

ソウルと言えば ある日本人の会社員が 住まいの近くにある美味しい食堂に通いつめたら ある時から韓国人価格になったそうです  ほかの人には内緒よって (笑   
それがイヤだと避けるのではなく そういうものだと思って過ごせば 大して気にならないことも こうあらかさまにやられるとね  Avoid!   

レストランの写真

 

2 018年5月12日    

ベトナムから戻ってきたばかりなのに また来年の航空券を買ってしまいました  先週の日記に書いたように 行先はダナンです  2泊した後に タクシーでホイアンへ向かいます  旅友は体調不良で 暫く旅をお休みしていた ボランティア仲間のユミコさんです  復帰おめでとう   

ベトナム航空のエコノミーは エコノミースタンダードと エコノミーフレックスの二通りあります  どう違うかと言うと 取消や変更が 安い運賃では有料になります  安いほうの座席は残席6となっていて 私達が買ったから残りは4です  まだ決めかねているお友達 急げ!   
運賃は往復で61,560円です  安い航空券を売る旅行会社で調べたら 50,000円と出ていましたが 試しに購入手続きを進めていくと 税金や手数料が足されて 航空会社で直接買うよりも 手数料分高くなりました  ご注意ください

ベトナム航空はスカイチームなので マイルは同じスカイチームの デルタ航空で貯めます  エールフランスもスカイチームですが 何故か ワンワールドメンバーの 日本航空のマイルで乗れるんですよ  ずっと昔 あれは共同運航のハシリでしょうか 日本航空とエアフラの乗務員が 混在して飛んでいた時期があったので 仲良しということで 特例なのでしょう  このような例は他にもあるようで こちらをご覧ください  賢くマイルを使いましょう   

そう言えば エールフランスの 日本語の機内アナウンスが素晴らしく ほかの外資系航空会社では 翻訳調の事務的な内容なのに対し おもてなしの心を感じられたのは あの時の経験が 受け継がれているからと思うのは 言い過ぎかしら?(笑   

航空運賃の図

 

2018年5月26日    

目が不自由な方にパソコンのサポートをしているせいで 電車の中で視覚障害者の方が隣に座ると ついつい声をかけてしまいます  まずは こちらの席が空いてますよ  そして つかぬことをお伺いしますが パソコンはやってらっしゃいますか?   

若い男性のスクリーンリーダー(読み上げソフトは JAWSでした  これは主に 会社で仕事をする人に使われていて 10万円以上するので 私達のグループでは扱っていません  でもまれに 就職先で使うので是非勉強したいと言われることがあるので 一番優秀な人が マニュアルを片手に担当します   
何かあったら 是非いらしてくださいね とお別れしました   

若い女性は弱視で まだマウスもお使いになれるようでした  スクリーンリーダーは 一般的なPC-Talkerです  私達の所(視覚障害者の方なら名前を言えばすぐ分かる場所 には いろんなソフトがありますから 体験しにいらしてくださいね   
視覚障害者専用のソフトを販売している 高知システムは 実績のあるボランティアグループに対して 無料でソフトを貸してくださるので 有難く勉強させていただいています   

先日は中年の男性が 女性のガイドヘルパーさんと乗ってきて 楽しそうにおしゃべりをしていましたが ふと 添付ファイルという単語が耳に入りました  ガイドヘルパーさんは 私達は右クリックして と話していましたが 違うんだってば!(笑   
そこで口を出した私  こういう者ですけど よかったらいらしてください  電車が駅に着いたので一言しかお話しできませんでしたが 声をかけてくださってありがとう とおっしゃっていただきました   

 

2018年6月2日    

少し前までは 優先席付近では携帯の電源を切るようにと言われていましたが 最近は混雑している時だけ 切ればいいようですね  携帯電話やペースメーカーなどの技術の進歩で 電波による悪影響が 出にくくなったからのようです   

でも 優先席付近であろうがなかろうが 通話はいけませんよね  かかってきた電話に 小声で いま電車の中だから後でかけ直しますと言っている人がいます  これが普通の態度でしょう   
でもある時 電車が急行の通過待ちで ホームに停車していた時のことです  優先席に座っていた中年の女性が 大声で通話をしていました  結構な長話で そうなのよー 私ってバカね と話が続いているところへ 初老の男性がやってきて 外へ出なさいと言いました  えっ?   

女性は とりあえず電話を終えました  ここからが問題の場面です  その女性の隣に座っていた 同年輩の女性が あぁいう人がいるからね と声をかけて 女性二人は頷きあっていたのです   
あなた達のような人がいるから マナーが向上しないのよ!   

ところで 最近はシルバーシートという言葉を聞かないと思ったら 1993年に京王電鉄が優先席に改称し その後JRや ほかの私鉄も追従したのだそうです   

 

2018年6月9日    

6月6日 ベトナムのホーチミンを出発しようとしていた全日空機が 入る誘導路を間違えそうになって 急ブレーキをかけたために 客室乗務員5人が怪我をした件につき ツッコミを入れてみたいと思います  
その前に 離陸前にポンポンとチャイムが2回鳴ることを 皆さんお気付きですか?  あれは これから離陸するよという機長からの合図です  なので この時点では客室乗務員も全員着席していますが 事故はそれより前 乗務員が乗客のシートベルト着用を チェックしている時に起こりました  機長は 支障が無いと判断して飛行を続け 成田空港に着いてから 一人が 腰の骨を折っていることが分かり 航空事故と認定されました   

私は骨折したことがないのですが 痛いんでしょう?  一人でジャンプシート(乗務員用の折り畳み椅子まで 歩けたのでしょうか?  もし ほかの乗務員の肩を借りたりしていたら その様子を乗客の誰かが 写真やビデオに撮ってSNSにアップしそうなものですが それが見当たらないのは 傍目には大丈夫そうだったのでしょうか   

でももし誰が見ても重症だったら 飛行機を降りて病院へ行きますよね  そうなったら大変!  客室乗務員は保安要員ですから 既定の人数に足りなかったら 最悪の場合 交代要員が来るまで飛行機は飛ばせません  そうなったら乗客を別の航空会社に振り分けたり ホテル代を出したり 莫大な費用がかかります  それを知っているから 骨折した乗務員が我慢をしたのか 会社が 気付かぬフリをしたのか 今回は乗客に怪我人が出なかったので 詳しい情報が外に出てきません   

さて

機内では常にシートベルトを着用しましょうという話  ずっと昔 まだスチュワーデスという名前が生きていた頃 友人が飛行機の天井に穴をあけてしまいました  飛行機が いきなり数十メートル降下したら 人間はその場に留まっていますから 一見 人が天井に放り上げられるように見えます  それで彼女は頭で天井を壊してしまったわけです  会社からの聞き取り調査で 偉い人が言ったそうです  ベルト着用のサインがついているのに 何故立っていたのかね?  フン 現場を見ない管理職の言いそうなことね!   

 

2018年6月16日    

夫の入退院で ボランティアや スポーツジムを休まねばならず 私の生活が狂っています   

22日間の入院のうち 最初の数日と最終日は個室でしたが これは病院の都合ということで 差額ベッド代は4人部屋料金の一日3,000円で済みました  掛け捨ての保険にいくつか入っていて 全国共済から 一日5,000円の入院保険金が出ます  手続きも簡単で 診断書などは不要 病院の領収証のコピーだけで 良いそうです  アフラック全労済は 同じ保険料だと 年齢が上がると共に保険金が少なくなるのに 契約時と同じなのは有り難いです  毎月4,000円支払ってきましたけどね   

夫は 駅前の喫茶店まで歩けるようになりましたが 気力が衰えたので 友達付き合いを縮小しました  不義理をしているお友達に この場でお詫び申し上げます   

2018年6月23日    

夫と映画 万引き家族を見てきました  カンヌ国際映画祭で 最高の賞を獲得したんですよね  地味な映画で あれがねぇと首をかしげた私ですが それは 私に見る目がないのでしょう   

新聞記事によれば 安藤サクラさんの演技が絶賛されて 審査委員長のケイトブランシェットさんが 是枝監督の所へ行って サクラさんの泣く演技の真似をしたとか 撮影スタッフが あの場面に立ち会えて感激したなどと書いてありました  へぇ そんなに?と思いましたが プロから見たら素晴らしい演技なんでしょう  本当に私って 見る目がないのね   

安藤サクラさんをご存じない人 今年の秋に始まるNHK朝ドラの ヒロインを演じるそうですよ  朝ドラ初のママさんヒロインです  実のお父さんは俳優の奥田瑛二さん ご主人は俳優の柄本たすくさん  柄本明さんの息子さんです  たすくさんが朝ドラ あさが来たで あさのお姉さんの夫を演じた時 最初はとてもイヤミな憎たらしい奴で そう思わせるのは演技がうまいからだと思いました   

ところで 私は年を取って耳が遠くなったせいか 理解力が弱くなったせいか ボソボソと話す声が聞こえないのです  朝ドラは字幕付きで見ています  ヨガではレッスンが始まる前に 先生が ちょっとした話をされます  レッスンの時は大きな声ではっきり話す先生も フリの部分は普通の話し方なので 私には聞き取れないことが多く ほかの人達が笑っている時に しみじみ老いを感じています   
映画といえば 夫は 殆ど寝ていました (笑   

 

2018年6月30日    

ホームページとブログの違いをご存じですか? 実は私 母さんのブログ 毎週読んでますよ と言われると 嬉しく思いながらも 密かに傷ついているのです(笑   

旅する母さんはホームページです  ブログは 旅する母さん ただ今旅行中と 今は更新をしていませんが猫日和です  ブログは 予め用意されたデザインの中から 好きなものを選び 用意されたパーツを組み合わせて あとは文章を書くだけという簡単なものです  クリスマスの時期に 背景をクリスマスバージョンにすると 誰かと同じデザインになるということもありますが ホームページは 一つ一つがオリジナルです  そしてある程度 HTMLタグというものも 勉強する必要があります   

さて ホームページを作るということは 世界に向けて何かを発信したいので できれば多くの人に読んでいただきたいですよね  でもだまって書いているだけでは 誰も気づいてくれません  そこで私はどうしたか?  人気のあるサイトの運営者と友達になり 私を紹介してもらったのです  いいなと思ったサイトの掲示板に 好意的な感想を書きます  するとあちらも私のを読んでくださって 掲示板に書き込んでくださいます  そうやってある程度交流が進んだところで リンクを張らせていただいていいですかとお尋ねすると いいですよ じゃ私の方もリンクしますね となるわけです   

リンクと言えば 見ず知らずの人から 相互リンクしてください とメールが来ることがあります  お互いにリンクを し合うことなんですが 私はあなたのこと 何も知らないのに いきなりリンクかよ! と言いたいのをこらえ リンクして数年経ったところで そっと外します (笑   

おことわり  旅する母さんのホームページには 掲示板とリンクの頁はありません   

 

2018年7月7日    

私がホームページを始めたのは2000年11月で 今年で18年目になります  お蔭様でお友達がたくさんできました  アメリカ カナダ 香港 ドイツ スイス オーストリアに住む日本人の方々とも メールや掲示板を通じて交流し また直接お会いしてお酒を飲んだこともあります  ウィーン在住の方には 2度の旅行で 案内していただきましたし 国内のお友達には 私が会いに行きました   

18年間のうち前半は お互いのホームページを通じてのお付き合いでしたが お友達は次々にホームページをやめてしまいました  仕事ネタを書くなと会社から監視されたりして ブログに移っていかれたのです  その後 SNSが活発になり 今はこちらが主流です  これも時代の流れなんでしょうね   

さて 私も今回をもちまして ここのホームページの更新を休止いたします  老人と 老いた猫の世話で 時間的にも 精神的にも余裕がなくなったのです  ボランティアも半日に縮小させていただきました   

できれば海外旅行には行きたいと思っていますので 時々チェックしていただけると嬉しいです  出かける時はお知らせしますので宜しくお願いします  4travelは 晴眼者用のサイトなので マウス無しでは苦しいかも知れませんが 写真が大きいのでお薦めです  旅の実況中継は コメント欄を省略していましたが 今後は確認後に表示できるよう設定しました   
18年間 本当にお世話になりました  名ごり惜しくはありますが 皆様のご健康とご多幸をお祈りしております  そしてまたいつか再開できたらいいなと思っています  有難うございました   

 

2018年8月16日    息子の家族と箱根に行ってきました。某リゾートクラブのキャンペーンで、1泊100円。宣伝の説明を聞く義務はありますが、泊まったからといって強要はされません。契約する気も無いのに、申し訳ないほどに良い経験をさせていただきました。でもね別荘に行ってまで家事をするのでは、ちっとも休養にならないので私は興味ないのです。(笑)
実況中継はこちらです。

部屋の写真


2018年9月15日    猫のシロが死んで、残った2匹がどう変わるかと思っていたら、前よりよそよそしくなっています。シロがいたから他の猫も何となくそばにいたのに、私が下にいれば2階で寝てるし、私が上へ行けば下に降りて行くという状態です。お腹がすいた時は下に来て、私の顔を見て舌をペロペロと出すのは同じです。ゲンキンね。
NHKのネコメンタリーという番組で、作家の保坂和志さんが面倒を見ているシロは15年経っても触らせないとありましたので、半分諦めています。

日記終わり 

 

トップへ戻る    日記の目次へ戻る    

 

 

 

inserted by FC2 system