海外旅行記  ドイツ旅行記完成
 旅の実況中継 (別画面 

 4travel (別画面 晴眼者用です

 私のフェルメール一覧 晴眼者用です

 猫日和 (猫の話 晴眼者用です

 


 


日記 基本的に土曜日に更新しています   

2017年7月22日    映像2 マイセン

無料で作れるブログを 運営している会社はたくさんあり 有名なのは Amebaブログで 海老蔵さんなんかが書いていますね  私は旅の実況中継をlivedoorで 猫ブログをSeesaaで書いていて 感じることは どこも一長一短があるなぁということです   

livedoor Seesaaも 書いた日が投稿の日となります  これの困るところは 海外で書いたら時差があるので 現地の日付と 日本の日付が異なってしまうことがあるのです  でもAmebaだと 日付を指定して書くことができるそうで つまり下の図で言うと プラハ3日目朝のブログは 5月30日として書くことができるんですね   

私にとってはAmebaの方がいいかも と思って登録してみました  ブログのお引越しという機能があって 過去にlivedoorに書いた記事を そっくり移すこともできるので便利でした   

ところが 無料だから広告があるのは分かりますが Amebaは広告が多過ぎます!  livedoorのほうは たった1個だから シンプルで見やすいですよね  晴眼者の人にはどうということなくても 視覚障害者の方が見てくださっていると これは大きな違いです  浮気はせず livedoorのほうにしましょう   

ブログの画面

次の日記

2017年7月15日    映像1 プラハ

スポーツジムで最近お話をするようになった人が 私と同じく手作りの旅を趣味にしている人で 意気投合!  彼女は来月 イギリスのチェスターという所に プチ留学をするそうです  私がプリンスエドワード島でやったのと同じく 午前が勉強 午後は観光などで 湖水地方へも連れて行ってくれるそうです  聞いただけでウズウズしてきます   

ヘルシンキ経由でマンチェスターに行き 帰りはヘルシンキで降りると聞いて タリンへ行ってらっしゃいとアドバイスしました  行ったこともないのに 偉そうに!(笑   
今年の旅で行く予定にしていましたが 日程を短くしたために カットしたのです   

帰ったら情報をあげるわね とのことですが 待てません!  是非 ブログを書いて 毎日のことを報告してよと言ったものの 次に会うのは8月 ブログの作り方を伝授するには 時間が足りません  残念だなぁ  あら そう言えば まだお名前を知らないわ (笑   

次の日記

2017年7月8日    

旅のアルバムと 文書版の旅行記ができました  あとは音楽入りスライドショーのDVD作成です  最近の私の旅行は この3点セットで完成です   

アルバムを作るのは フリーソフトの Print Albumです   
1 頁設定をA5にしてそこに写真をドラッグする   
2 「写真の横幅を合わせる」のボタンをクリック(上の写真   
3 下の写真は1と2の後に サイズを1/2(二分の一にするボタンをクリックします  そうすると上の写真の1/4(四分の一のサイズの写真が出来上がるのです   

配置は 左上 右上 左下 右下のボタンをクリックすれば簡単  それ以外でも 端を合わせるのボタンがあります これを クリアフォルダー20枚に入れると 表と裏で40頁のアルバムができるわけです  簡単ですよ  ただね 40頁も作ると 相当なインクを消費します  必ず予備のインクを用意してから 印刷を始めてください   

さて美術の話です  今週の日曜日朝9時(再放送は16日夜から Eテレの日曜美術館で アルチンボルドを取り上げます  世の中にこんな不思議な絵があるのか!と驚きますよ   

アルバムの写真

次の日記 

2017年7月1日    

東京都美術館の バベルの塔展に行ってきました  意外と小さいなと思ったのも なるほど ブリューゲルは バベルの塔の絵を2枚描いていて 今回来日したのを しょうバベル(59.9×74.6 ウィーンの美術史美術館にあるのを 大バベル(114×155として 区別しています  会場で 4倍の差と言っていて そんなに違ったかしら?と思ったけれど サイズを調べたら確かに4倍ですね   

バベルの塔は いろんな人が描いているので 是非 こちらもご覧になってください  大バベルと しょうバベルの違いもよく分かります   

先週の日記で ヒエロイムス ボスについて書きました  彼の作品も少し来ていました  彼は版画家としても人気のある人だったので 彼のを模倣した作品が多く展示されていました  

なお ボスの作品で一番有名なのは スペインのプラド美術館にある 快楽のその のようです   

今回 私が印象に残ったのは 枝葉の刺繍の画家が描いた 聖バルバラです  というのは 今年の旅行で クトナーホラにある聖バルバラ教会に行ったからです  聖バルバラの絵は 棕櫚の枝を持っているのが一般的だそうです   
枝葉の刺繍の画家というのは 名前が分からない人です  背景に描く木の葉が 刺繍のように綿密に描かれているので こう呼ばれますが 単独ではなく画家集団らしいです   

なお オランダのボイマンス美術館のサイトへ行くと 作品 travellingのところで 来日している作品を 全て見ることができます   

聖バルバラの絵

日記終わり

 過去の日記       


管理人について   
ハンドルネームは とみ   孫が5人いる おばあさんです   
視覚障害者の方々に  ボランティアで パソコンのサポートをしています   それでこのサイトはアクセシビリティに配慮し マウス不要で  聞き取りやすい作りにしました   お気づきかと思いますが 句読点を省き 音声ソフトが漢字を正確に読み上げないところは 平仮名にしています   もっとこうしたら というご意見がありましたら メールをください  

メールボックス

海外旅行記 旅する母さんへ SHIFT+タブでエンターすると 旅する母さん(旅の目次へ行きます

 

 

 

 

 

inserted by FC2 system